企業間での利用以外にも、個人で利用できる「給与ファクタリングサービス」というものがあります。
例えば、午前中などの早い段階で申込みを行えば、即日中に審査が完了して、その日中に指定の口座へ入金してもらうことが可能です。
この契約ではあくまで金銭の貸し借りではなく、給料債権の買い取りによる資金振込という流れとなっています。
ですので利子や利息という概念ではないですが、手数料を引かれた上での金額が手元に振り込まれる仕組みになっています。

即日ファクタリングすることは可能?

即日ファクタリングすることは可能? ファクタリングサービスとは、企業の売掛債権を買い取って、自らの責任の上で代金回収を行う金融事業のことです。
基本的には企業と、ファクタリングサービスを提供している企業との間での取り引きとなりますが、実は個人での利用可能なサービスがあります。
それが「給与ファクタリングサービス」です。
当然審査がありますので、申込みから個人の給与明細や源泉徴収票などを提出し、電話での簡単なヒアリングを行い、在籍確認を済ませる必要があります。
ただ、例えば午前中に申込み申請をしていれば、スムーズにいくと即日での利用が可能となっています。
しかし手数料は驚くほど高いので、よほどの緊急性があり、他にどうしても頼るところがない場合にのみ利用されることをおすすめします。

ファクタリング利用でスピード即日入金も可能

ファクタリング利用でスピード即日入金も可能 ファクタリングとは、物やサービスの提供によって発生した売掛債権をファクタリング業者に譲り渡すことで、売掛債権から手数料を引いた金額を通常の支払い間隔よりも早いタイミングで現金を手元に受け取ることが出来る仕組みです。
銀行融資などとは違って、審査が比較的通りやすいため、中小企業に多く利用されます。
ファクタリングの特徴は、入金までのスピードが早いため、手元に現金を早く手に入れることが可能です。
場合によっては、即日入金もできるため資金調達を急ぐ際に活用されています。
ですが、手数料がかなり高額なためせっかくの売掛債権を満額獲得できないことがデメリットで挙げられます。
可能な限り、通常サイトでの支払いを遂行することで損することなく資金繰りをすることが出来るので、やむを得ない事情がない場合は使用しない方が良いでしょう。
ファクタリングには、3社間と2社間の種類があります。
3社間の場合は、売掛先への同意が必要にはなりますが、手数料が比較的安く済むため、継続的な利用を行ってもそこまでの問題がないといえます。
受取先の同意を得る必要がないメリットがあるものの、手数料が高額な2社間はメリットだけではないので、利益が出ない可能性もあることを踏まえておくと良いでしょう。

即日対応が可能なファクタリング会社情報サイト

ファクタリング 即日