医療ファクタリングの意義

医療ファクタリングの意義 ファクタリングとは、売掛金や債権などを手数料を支払ってファクタリング会社や銀行に売ることで、回収日まで入金されない売掛金をすぐに現金化できる債権譲渡契約です。
それを医療機関のみに特化して、社会保険診療基金や国民健康保険団体連合会へ請求する診療報酬の権利を売って現金化できることを、医療ファクタリングと言います。
医療機関と介護事業所、調剤薬局と歯科医院のみが利用でき、素早い現金化で最新の医療器機の購入や医院の運営資金に投資できるため、近年医院業界で著しく注目されている金融システムです。
診療報酬債権の回収先が社会保険診療基金や国民健康保険団体連合会という国相手のため、債権を売られた側も回収し損ねるリスクが無いことからファクタリング会社の審査もゆるく、個人の小さな診療所でも気軽に申し込めます。
銀行のファイナンス部署が行うこともあり、支払い側に国が関わる債権譲渡契約なので安心して利用できる制度です。

医療機関の早期資金化に有効

医療機関の早期資金化に有効 ファクタリングと言うと、一般的に中小や零細企業の資金繰りを改善させる手段として役立っています。売掛債権を入金前に譲渡する事で早期に資金化させられるこの方法は、若干の手数料がかかりますが大変重宝される資金調達方法です。そして、最近では医療報酬債権ファクタリングというものもあり、多くの病院や歯科クリニックなどの医療機関が利用しています。

医療報酬債権ファクタリングとは、病院やクリニックなどが保険診療で入金されるまでに通常3か月ほどのタイムラグがあり、これを解消する事が出来るのが特徴です。資金調達スピードは数営業日となっており、早期資金化が可能な点やキャッシュフローを改善出来る点がメリットです。デメリットはファクタリング手数料が高めである点で、資金に余裕がある医療機関には必要ないと言えるでしょう。とは言え、個人でクリニックなどを開いている方にとって目先の資金繰りに悩んでいるのであれば、活用しない手はありません。