ファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ ファクタリング会社は1社だけでなく複数の業者から選ぶことが大切です。
実際にどのくらいの手数料が必要になるかはファクタリング会社によって異なります。
ファクタリング契約には2社間取引と3社間取引がありますが、後者の方が貸し倒れのリスクが少ないので手数料が安くなるのが通常です。
2社間契約の手数料は売却する売掛金債権額の10%から30%ほどとされています。
一方3社間契約の場合は5%から10%が相場です、いずれも即日から1週間ほどで入金してもらうことができます。
貸し倒れのリスクがある2社間契約の方が審査が厳格に行なわれます。
3社間契約の場合は手数料が安く審査が緩やかというメリットがありますが、売掛先への通知が行なわれることになります。
それぞれにメリットがあるので自分の状況に合わせて最適なサービスを選ぶと良いでしょう。
手数料や審査の難易度についても各ファクタリング業者ごとに違いがあります。
複数の業者から見積りを聞いて比較検討するのが効率的な方法です。

会社の資金繰りを改善出来るファクタリング

会社の資金繰りを改善出来るファクタリング 中小の会社で資金力がなく資金繰りが苦しい、というケースはよくあります。
一般的に売掛債権が発生してから売掛金が入るまでには1ヶ月から2ヶ月程度のタイムラグがあるからです。
商品を納入してから売掛金が入るまでの時間がもっと早ければ、資金繰りで悩む事もなくなるでしょう。
そして、それを実現してくれるのがファクタリングです。
この方法を利用すれば、売掛債権を譲渡して早期に資金化する事が可能です。

審査が通りやすいという点もファクタリングの特徴となっており、中小の会社で利用する場面が年々増えています。
銀行融資またはビジネスローンは企業の返済能力が審査の基準となるのに対し、ファクタリングは売掛先の信用力が基準となります。
売掛先が大手・中堅企業であれば、まず間違いなく通ります。
ファクタリングを利用すると若干の手数料がかかりますが、最短即日で資金化が行えます。
資金繰りの改善に有効な資金調達方法だと言えるでしょう。