ファクタリングによる資金繰りのコツ

ファクタリングによる資金繰りのコツ ファクタリングは売掛金債権を売却して経営資金を調達するための手段です。
利用者と業者だけの2社間契約と売掛先を含む3社間契約があります。
ファクタリングで効率的に資金調達を行うには、それぞれの契約の特徴をよく理解することが大切です。
2社間契約は貸し倒れのリスクが高いため手数料も高額に設定される傾向があります。
一般的な相場は売掛金債権額の10%から30%ほどです。
貸し倒れリスクが大きいので審査が厳格に行なわれますが、売掛先への通知は不要とされています。
債権譲渡登記は業者に求められた場合にだけ必要になります。
3社間契約は貸し倒れリスクが少ないので手数料が安く、売掛金債権額の5%から10%ほどが相場とされています。
審査は緩やかですが売掛先への通知か売掛先からの承諾が必要です。
通知を行なう場合は債権譲渡登記を行います。
いずれの契約の場合も即日から1週間ほどで入金してもらうことができます。
実際の契約条件はファクタリング業者ごとに異なります。
複数の業者の見積りや契約条件を比較検討して最適なものを選ぶとよいでしょう。

ファクタリングを利用することで資金繰りが上手く行く

ファクタリングを利用することで資金繰りが上手く行く ファクタリングは企業が資金調達する方法の一つとして、まだ未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取るサービスの事です。
商品の納品やサービスの提供が完了していて、請求書を提出しているものの支払い期日がまだ来ていないなどの理由で入金されていないお金の事で、このお金がないと事業を行う上で困る事もあります。
銀行などから借り入れをしようとすると経営状況などを重視される為融資を受けられない可能性もありますが、ファクタリングは融資ではないので比較的審査に通りやすいです。
また銀行などから借りる場合は担保が必要ですが、ファクタリングは担保が必要ありません。
これらのメリットもありますがデメリットもあります。
手数料が高いことから返済する際の負担金が大きくなるということです。
銀行からの融資が受けられない会社が利用する方法なので、資金繰りが厳しい会社という事で今後の取引にマイナスのイメージがついてしまい不利になる事もあります。