ファクタリングの消費税

ファクタリングの消費税 ファクタリングを利用する際に気になるポイントの1つに、かかる消費税の取り扱いがどうなるのかという点があるかと思います。
例えば50万円の売掛債権が発生し、その売掛債権を手数料10%の業者でファクタリングに用いる時を考えます。
まず、調達した45万円の資金に対してはかかります。
次にファクタリング手数料の5万円についてですが、これについてはかかりません。
あくまで譲渡額だけにかかるものであるという事からこのようなことが起こるのです。
逆に言えば、こちらから見た手数料はファクタリング会社の利益になりますので、手数料に関する消費税は業者側が支払うという形になります。
こうした点は、有利子負債が増えないというメリットになります。
有利子負債があると対外的に見て良い印象を与えませんので、このような方法で資金を調達することは、スピーディーな資金の調達ができるという以外にも、企業の信頼性を高く見せることが出来るというメリットもあります。

ファクタリング取引に消費税はかかりません

ファクタリング取引に消費税はかかりません 中小企業などの資金調達方法として利用されているファクタリングは、銀行からの融資が中々借りられない事業者にとって大変重宝されています。
利用するファクタリング会社からの見積りや支払い明細書を受け取った際に経理の面でチェックするべき点は、手数料に消費税が発生していない点です。
もし発生していた場合は、悪徳な会社であるので以後の取引を差し控えて別の会社に乗り換える事をお勧めします。
ファクタリングは、売掛債権を譲渡する取引です。
消費税が発生しない取引には、国債や株券などの有価証券・登録国債・合名会社などの社員の持分・抵当証券・金銭債権などの譲渡などがあり、売掛債権は金銭債権にあたります。
そのため、発生しません。
ファクタリングを上手に活用すれば、中小企業や零細企業の方の厳しい資金繰りを改善する事が出来ます。
銀行の融資と比べ手数料は割高ですが、審査が圧倒的に通りやすい点も利用する方が多い理由となっています。